« 豆乳(続き) | トップページ | とても楽しかったとき2 »

2006年5月 8日 (月)

とても楽しかったとき

ぼくは中学から英語をやり、大学ではドイツ語を習ったけど、どうも外国語の勉強は苦手でした。でも、タイ語の勉強は楽しかった。初めは1週間に1回、土曜日に東京にあるアジア文化会館へ出かけて行って習いました。語学学習がこんなにおもしろいとは思ってもみませんでした。タイ語自体の魅力か、タイ人の先生の魅力か、はたまた勉強仲間の魅力か、よくわかりませんが、はまりました。

今日は語学勉強を始めたばかりのそんな喜びと楽しみのお話です。

題:日本語を勉強していた時間 2005年10月12

วันนี้เจอเพื่อนที่เรียนภาษาด้วยกันมา  คิดถึงตอนเรียนภาษาขึ้นมาจับใจ

ช่วงเวลานั้น เป็นช่วงเวลาที่ดีที่สุด ของการอยู่ญี่ปุ่นเลยก็ว่าได้

ถึงจะเรียนทุ้กกกกกกกวันนนนนนนน ( เก้าโมง ถึง สี่โมงครึ่ง )

แถมสอบก็บ่อย ( เหอะๆๆ )

แต่เราก็สนุก แล้วก็มีความสุขมากกกกกก

ทำไมหว่า ... ???

語彙:

ขึ้นมา ~khun ma ~し始める ~し出す   จับใจ cap cai ~を懐かしく思い出す。  印象深く想う   ช่วงเวลานั้น  chuag welaa nan あの頃    ดีที่สุด dii thii sut 最高によい   การอยู่ kaan yuu 暮らし、生活   ว่าได้ waa dai 言える、考えられる    ถึงจะ tug ca~ ~だけれども    แถม teem~  おまけに~

訳:今日は日本語を一緒に勉強してきた友達に会った。日本語を勉強し始めたころが懐かしく思い出された。日本に来てから、あの頃が一番よいときだった、とそう思う。毎日勉強だったけど(9時から4時半まで)。おまけにテストはしょっちゅうだったけど(ホホホ)。でもわたしは楽しかった。そしてとっても幸せだった。どうしてだろう・・・???(続く)

日本語の勉強がとっても楽しかったなんて言ってくれると嬉しくなっちゃいますね。さあ、皆さんも胸に手を当ててタイ語を学び始めた昔日を思い出しましょう。え、最近ですか?それは素晴らしい。では続きはまた明日。

« 豆乳(続き) | トップページ | とても楽しかったとき2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とても楽しかったとき:

« 豆乳(続き) | トップページ | とても楽しかったとき2 »