« 社会見学4 | トップページ | จริงเหรอ2 »

2006年5月19日 (金)

จริงเหรอ1

女性の会話(会社のオフィスで)

OL1「ねえ、知ってる?総務のタンタン課長。そうそう、あのハンサムでクールで誠実そうな人。今朝電車で痴漢して捕まったんだって。」

OL2「エッ、・・・・・・・ 。あの課長さん、そんな人だったの?人は見かけによらないものね。」

さて皆さんは下線・・・・・・・ にどんな言葉が入れますか。

上の問いを考えたところで、今回はジアップさんの言葉についてのお話です(My life in Japan 2005年11月3日より )

เพื่อนๆที่แลปเวลาได้ยินอะไรที่ไม่เคยได้ยินมาก่อน รึอะไรที่ทำให้แปลกใจ
แกจะชอบพูดว่า "uso"กันหน่ะ
เราฟังครั้งแรกๆ ก็อึ้งๆ เพราะแปลเป็นไทยแล้ว "โกหก"ความหมายมันไม่ค่อยจะดี
ประมาณว่าคนที่พูดรึบอกเราพูดโกหก 
(続く)

語彙

แลป leep ラボ   ไม่เคย mai kuui ~たことがない   ได้ยิน daijin 聞こえる รึ(=หรือ)rw あるいは   แปลกใจ pleekjai  変だ 不思議だ แก kee 彼女 彼 ฟัง fang 聞く 聴く อึ้งๆ wng wng (びっくりして)言葉が出ない、 口ごもる โกหก koohok うそ  文Aประมาณว่า文B pramaan waa  文Aは要するに文Bだ。 文Aはつまり文Bということだ。 文Aというのは言い換えると文Bだ。(接続詞) 

訳: ラボの友達は何か今まで聞いたことがなかったり、何か驚かせたりすることを聞いたときに彼女はよく「USO」と言う。私が始めてそれを聞いたときはびっくりして固まってしまった。タイ語に訳すと「嘘(コ-ホック)」ということなのだが、その意味はあまりよくない。要するに話し手は「わたしがうそをついた」と言っている、というふうにとれるのだ。(続く)

みなさんは最初の問題の・・・・・・・に何を入れましたか。マジ、本当、そうなの、信じられない、といろいろ入ります。なかでも「うそ!」を入れた人は多いのではないでしょうか。日本人は相手の話を聞いて、それが予想外でちょっと驚いたときによく使いますよね。それがタイ人のジアップさんには最初ショックだったようです。次回、もう少しそこを詳しく説明してくれますので、お楽しみに。

« 社会見学4 | トップページ | จริงเหรอ2 »

コメント

タンタンさん
こんにちは~~。
ประมาณว่าの意味と用法ですが・・・

この文
ความหมายมันไม่ค่อยจะดี
ประมาณว่าคนที่พูดรึบอกเราพูดโกหก

ประมาณว่าとしては前の文と後ろの文を結合することです。
ความหมายมันไม่ค่อยจะดี
あまりいい意味だったけどどうなるか読んでる人がよく分からなくて私がうそと言ってたとついたらもっと分かりやすくなりました。
このときประมาณว่าが二つの文を結合しました。
前の文を分かるように後ろの文を書くときประมาณว่าを使うようです。

他にはたとえば、
日本人が優しい。
もっと分かるように
「いつも手伝ってくれたし・・・」を書きました。
二つの文を結合するとประมาณว่าを使います。
คนญี่ปุ่นใจดี
「ประมาณว่า」ช่วยเหลือเราทุกเรื่องเวลามีปัญหา

私は日本語の説明が苦手なので
もし分からなかったらまた聞いてくださいね~。^^

投稿: Jeab | 2006年5月22日 (月) 19時23分

jeabさん。すぐに教えていただきありがとうございました。ていねいな説明で、よくわかりました。日本語なら「要するに」、「つまり」という接続詞にあたるかと思います。本文記事はこれにしたがい、訂正しました。ほんとうにありがとうございました。
(皆さんへの注:実は、タンタン船長はประมาณว่าがわからなくて原作者のjeabさんに質問したのでした。きちんとお返事を下さり、本当にやさしい人です)

投稿: タンタン | 2006年5月22日 (月) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: จริงเหรอ1:

« 社会見学4 | トップページ | จริงเหรอ2 »