« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

すみませんが、

なんだ最近更新が遅いぞと思っておられる客船のお客様へ

実は身内に不幸がありまして、6月29日から7月3日までタンタン船長はタイへお葬式に行ってきます。そんなわけで、今週は更新がありませんが、語学学習は身につくまで繰り返し練習することが肝心です。復習も大切なので、よかったら古い記事をおさらいしていてくださいね。

| トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

知らない人からの挨拶

タイは微笑の国、っていうことで知らない人も目が合えば微笑んでくれて、居心地が良かったです。アパートから出ると、顔見知りの守衛さんやオートバイタクシーの兄ちゃんや屋台のおばさんなどが、挨拶してくれ、タイに一人でいる寂しさというのを全く感じなかったですね。

さて、日本では、どうなんでしょう。今日のお題は「だれ?」です。

พักหลังมานี่ ... มีประสบการณ์แปลกๆมาเล่าให้ฟัง
แบบว่าเดินผ่านใครก็ไม่รู้อ่ะ ไม่รู้จัก แต่เค้าก็ยิ้ม บางคนก็ทักเลย "สวัสดี "อะไรประมาณเนี๊ยะ

ทุกครั้งหลังจากเค้าทักเรา ... เราก็จะงง "ใครว่ะ?" ทุกครั้งไป  555
รึความจริงเราจะรู้จัก แต่ว่าลืม
( มีลืมคนรู้จักกันได้ด้วยเหรอว่ะเนี๊ยะ ... ชีวิตช้านนนนนน )

ครั้งล่าสุดนี่ ... มามหาลัยพร้อมพี่คนไทย ขึ้นลิฟท์มา พอจะออกจากลิฟท์

คุณลุงคนหนึ่งแกก็ "โอฮาโย "กะเรา
เราก็เลยยิ้มให้แก

แปลกดีหว่ะ ... แต่เค้ายิ้ม ทักเราก็ดีแล้วเนอะ
คนญี่ปุ่นใจดีจริงๆอ่ะ

(Jeabさんのブログ 1月19日 だれ? より)

語彙: พักหลังมานี่ phaklangmanii  最近   ประสบการณ์ prasopkaan 体験 経験 แปลกๆ pleekpleek 変わった   เดินผ่าน dwwn phaan 通り過ぎる   ยิ้ม jim 微笑む にっこり笑う    ทัก thak 挨拶する    ประมาณเ 推定する 評価する   ใครว่ะ khrai wa 誰?(ว่ะ は終助詞 丁寧ではないので他人に向けては言わないように)    ชีวิตช้าน(=ชีวิตฉัน) 私の人生   ครั้งล่าสุดนี่ khrang laasut nii 最後に 最新の   พร้อม phroom 一緒に   ลิฟท์ lif エレベーター   พอจะ~ phoo  ちょうど~するところ    คุณลุง khun lung おじさん   แปลก めずらしい 奇妙な おかしい

訳: 最近、おもしろい体験をしたのでお聞かせしよう。それは誰か知らない人とすれ違うときに、ある人が会釈したり、あるいは「こんにちは」と挨拶してくれたりする人がいることだ。どうなっているんだろう。いつも挨拶された後に、わたしは誰だろうと不思議に思うのだが、そのまま行ってしまう。ハハハ。あるいは実際は知っている人だけど、忘れちゃったのかも。(知ってる人を忘れちゃったんだろうか・・・わたしって)一番最近のできごとは大学のタイ人の先輩とエレベーターに乗っていて、ちょうどエレベーターを降りるとき、あるおじさんがわたしに「おはよう」と挨拶してくれた。それで私も会釈した。おもしろいね。その人も微笑んだ。挨拶してくれるっていいよね。日本人は本当にやさしい。

たぶん、Jeabさんが挨拶したくなるようなオーラを放っているのかもしれません。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

じゃんけんで決める

今回はじゃんけんの話です。小さい子供の遊びになくてはならないじゃんけんですが、タイにもこのじゃんけんがあります。初めてタイにもじゃんけんがあると知ったとき、このシステムは単純だがグローバルな普遍性があるのだなと妙に感心したものです。というか本当は単に共通性を感じ単純にうれしかったです。でもそこには微妙な違いが・・・。

では今回もタイ人留学生ジアップさんの日記でお勉強しましょう。

แบบว่า...
คนญี่ปุ่นชอบ"เป่ายิ้งฉุบ"กันนะ ( คิดว่า )

เคยเห็นมาหลายครั้งแล้วอ่ะ เวลาตัดสินใจอะไรก็เป่ายิ้งฉุบกันตลอด
แต่เราเพิ่งประสบกะตัวเองมาเมื่อวันเสาร์
กะลังเตรียมทำแลป อาจารย์กระต่ายน้อยก็เข้ามาถามว่า "อ้าว จะทำแลปเหรอ?"
แกว่า...แกก็จะทำเหมือนกัน
เราเป็นนักเรียน ก็ต้องให้อาจารย์ทำก่อนซิเนอะ
เลยบอกอาจารย์ทำโลด เดี๋ยวเรารอทำหลังอาจารย์อ่ะ แกก็ไม่ๆๆๆ อย่างเดียว
เราก็งงทีแรก ... จะเอาไงกะตูฟ่ะ ??
แต่มาถึงบางอ้อ...ก็ตอนแกบอกว่า "งั้นมาเป่ายิ้งฉุบ"กัน

ไอ้เราก็งงๆๆๆๆๆ
อาจารย์มาเป่ายิ้งฉุบกะลูกศิษย์เพราะต้องใช้เครื่องมือเครื่องเดียวกันเนี๊ยะนะ ????
เออ
ดีหว่ะ
คนญี่ปุ่นยุติธรรมดีมากๆๆๆๆๆๆๆ
ชอบๆๆๆ

สรุปว่า...ได้เป่ายิ้งฉุบกะอาจารย์กระต่ายน้อย ... เหอะๆๆ
ช่างเป็นประสบการณ์ที่ดีจริงๆ ... ฮ่ะๆๆ

(ブログ:日本で勉強しているタイ学生です= じゃんけん! 12月20日より )

語彙:
เป่ายิ้งฉุบ paojinchup じゃんけんぽん   ตัดสินใจ tat shin jai 決める   เพิ่ง~ phwng ~したばかり   ประสบ prasob 経験する 出会う   กระต่าย grataai うさぎ    โลด loot 早く 急いで  กะตูฟ่ะ ? katufa 私にとって 〔กะ =กับ、 ตู tuu 私 ぼく (=ผม、ฉัน、เรา) ฟ่ะ=ว่ะ ?、หว่า ?〕  มาถึงบางอ้อ maa twng baang oo はあ、そうですか、そっか   ยุติธรรม yuttitam 公平    สรุปว่า~ sarupwaa 結局~ まとめると~   ช่าง~ chaang  とても~

訳:

実は・・・日本人はジャンケンが好き(なようだ)。何かを決めるときいつもじゃんけんで決める。それを何度も見てきたが、先週土曜日に私自身が初めて経験した。

実験の準備をしていると子ウサギ先生がやってきて、「あれ、実験やるの?」と訊かれた。先生も同じく実験を行うつもりだと言う。私は学生だから先に先生にやらせなければならないだろう。そこで先生に早くやってもらい、私は先生を待ってその後にやりますと申し上げた。そしたら先生はいやだめと言うばかり。私ははじめ戸惑った。私はどうしたらいいんだろう。しかし先生が「それじゃあ、じゃんけんをしましょう」と言ったとき、ああそっかと思った。

私は頭が混乱した。ひとつしかない器具を使うために先生が学生とじゃんけんをするのだよ・・・。え、いいじゃない。日本人はすごく公平。気に入った。結局子ウサギ先生とじゃんけんをした・・・ホホホ。実にいい体験だったよ・・・ハハハ。

いかがですか。ちょっと補足です。日本人は大人になっても何かを決めるのに大人同士でじゃんけんをしますが、タイ人はじゃんけんは子供のもののようで、大人はほとんどやらないようです。そしてさらに先生と生徒の関係性がタイと日本では違うようです。タイの先生は大変偉いので、特に事情がなければ先生が学生にこのように順番を譲るということはあまりないようです。確かに日本はよく言えば公平ですが、目上の人の権威がだいぶ薄れてきているとも言えるかも。とにかく、今回はタイ人はそう感じていたのか、なるほどな~というエッセーでした。

人気blogランキングへ ←おもしろかった人、お勉強になった人はクリック投票をお願いします

| トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

シャワー

今日は前回のお風呂ネタに近いものを持ってきました。(Jeabさんのブログ 2006年6月8日「日本のショック」より)

ต่อจากครั้งก่อน ... ช็อค Japan

ช็อคสุดๆ
ก็คือ...คนญี่ปุ่นไม่อาบน้ำตอนเช้าแฮ่ะ

สงสัยเพราะอากาศหนาวมั้ง
แล้วตอนหน้าร้อนเค้าจะอาบตอนเช้าด้วยป่าวน้า ... ??

ตอนมาอยู่ญี่ปุ่นใหม่ๆ เราก็อาบปกติเหมือนอยู่เมืองไทยอ่ะ วันละสองครั้ง
หน้าหนาวก็อาบสองครั้ง ... เหอะๆ

แต่ตั้งแต่รู้ว่าคนญี่ปุ่นอาบน้ำวันละครั้ง แหะๆ หน้าหนาวเลยไม่อาบน้ำตอนเช้า

เพราะมันหนาวววววว ... 555

語彙

ต่อจาก~ toocaak ~から続く 続き   ช็อค chook ショック   สุดๆ sutsut 最も 最高に   สงสัยเพราะมั้ง songsai phro~mag  ~だからだろう 理由は~でしょう   ป่าวน้า (=หรือเปล่าน้า) pao naa (= ruu plao naa) ~だろうか   ปกติ pokkati 普通に   เหมือน muan 同じ   ตั้งแต่รู้ว่า~ tangtee ruuwaa ~と知ってから

訳:前回のおったまげジャパンの続編、最高にショックだったのは、そう、日本人は朝、シャワーを浴びないこと。たぶん寒いからでしょう。だとすると夏は朝、シャワーを浴びるのだろうか。?日本に来たばかりのころ私はタイにいる時と同じように1日に2回、普通にシャワーを浴びていた。冬でも2回だ・・・フフフ。でも日本人が1日1回しかシャワーを浴びないと知ってからは、冬、朝はシャワーを浴びなくなった。だって朝は寒いから・・・ハハハ。

我が家なんか子供のころ、冬は1日おきに風呂に入っていました。当時はそれが普通だった気がします。タイ人には秘密にしておきましょう。さて、Jeabさんのブログは日本語とタイ語の併記です。日本語はタイ語訳を載せているわけではありませんが、同じトピックについて語っています。日本語だけとかタイ語だけとかではなく、両方読むと面白いと思います。今回のはタイ語にかなり近い内容の日本語文が書かれているので紹介しましょう。

今日はショックの日本を思いついた!すごくショックだった。日本人は朝、シャワーをあまり浴びないらしい。なぜかなぁ・・・?冬にはすごく寒いかもしれないけど夏は・・・?私は日本に来たばかりのときもちろん毎日2回、朝と夜シャワーを浴びた。冬には大変だったけど・・・。でもこの習慣を知っていて冬には朝シャワーを浴びなくなった!タイへ帰って朝シャワーを浴びないのは絶対ダメみたいね~。すごく暑いから~~。

いかがですか。僕の日本語訳より、Jeabさんの日本語のほうが自然で日本語らしいですよね。ここまで日本語のレベルを上げられるなんて、Jeabさん、さぞ外国語習得のセンスの高いかたなんでしょうね。

人気blogランキングへ ←おもしろかった人、お勉強になった人はクリック投票をお願いします

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

おふろ

タイ人女性はスタイルがよい方が多く、バンコクの街中ではその美しい体のラインがはっきり出たセクシーな服装の方がたくさん闊歩されています。なのに、そのタイ女性がなぜか海水浴場では水着姿になりません。パタヤなどの海水浴場で水着姿になっているのは海外旅行で来た外国人ばかりです。またタイではシャワーを浴びたり、水浴びしたりしますが、日本のように湯船に入る習慣はありません。そこで、タイ人が日本へ来ると、お風呂が問題になります。タイ人は同性であっても人前では裸になるのを嫌います。日本に慣れて温泉を楽しまれる方もいますが、絶対に人前で裸になるのは嫌だと入らない方も多いです。肌をさらすことに関して、どうしてそんな感覚の違いが出てくるのか、おもしろいなと常々思っています。

さて、今回のトピックはお風呂です。(Jeabさんのブログ 2005年12月8日「お風呂」より)

รู้สึกว่าคนญี่ปุ่นจะชอบแช่โอฟูโระอ่ะ
โอฟูโระก็เหมือนอ่างอาบน้ำทั่วๆไป
ทำไมเราก็ไม่รู้เหมือนกันแฮะ
เราแบบว่าคนไทย อาบๆๆๆๆ อย่างเดียว ... ฮ่ะๆๆ
อยู่ญี่ปุ่นมาปีกว่า ... บอกได้เลยว่าแช่โอฟูโระหนเดียว
ตอนนั้นกลับจากเล่นสกี เหมือนจะตาย ปวดไปหมดทั้งตัว
คุณครูบอกว่า "กลับไปแช่โอฟูโระโลด พรุ่งนี้หาย "
ไอ้เราก็เชื่อดิ
แช่ 2ชม. ตื่นมาไม่เห็นจะหาย
ต้องกิน Nidol เลย

แต่ตอนนี้หน้าหนาว กลับบ้านแช่โอฟูโระท่าจะดี
แต่ตอนขึ้นจากโอฟูโระนี่เหอะๆๆ ... หนาวอ่ะ
(完)

語彙: แช่ chee つかる 浸す (湯船に)入る   อ่างอาบน้ำ  aang aap naam 浴槽   แบบว่า beep waa こういったもの スタイル   หนเดียว hon diao 一回   สกี sukii スキー   ปวด puat 痛い   ทั้งตัว tang tua からだじゅう     โลด    loot 急いで すぐに   หาย haai 治る 消える   2ชม. (=2ชั่วโมง) 2時間   ท่าจะ thaa ca ~そうだ ~だろう

訳: 

日本人はおふろに入るのが好きなようだ。‘おふろ’はそこらの一般的な浴槽と同じだ。どうしてかは私も知らないが、タイ人は水浴びするだけ、そういうスタイルだ、ハハハ。

日本に来て1年以上になるが、湯船に浸かったのは1回だけだ。そのときは、スキーから戻り、体中が痛くて死にそうだった。先生が「帰ってすぐにお風呂に入れば、明日には痛みは取れるよ」とおっしゃった。で私は信じて2時間湯船に入った。起きたら全然痛みは取れていなかった。Nidolを飲まなくてはならなかった。

しかし今は冬、帰ったらお風呂に入るっていうのは良さそうだ。でもお風呂から上がるとき・・・これが寒いんだ。 (完)

自宅に浴槽があるのに、ずっとシャワーだけなんて、タイ人らしい生活振りですね。

人気blogランキングへ ←おもしろかった人、お勉強になった人はクリック投票をお願いします

| トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

忘れっぽい2

さて、前回の続きです。財布を忘れたJeabさん、バスの中でどうなるのでしょうか。

กระเป๋ารถเมลล์งงซิ
( เราเดาจากหน้าแกอ่ะนะ ... คิดว่าเราคงเป็นรายแรก ในรอบสิบปี
ที่ขึ้นรถเมลล์มาแล้วไม่มีตัง ... เหอะๆๆ )

ในที่สุด...
คุณลุงคนขับรถเมลล์ก็บอกว่า ... งั้นขึ้นคราวหน้า เอามาจ่ายด้วย
เฮ้อ ... โล่งอกไป
นึกว่าจะถูกดุซะแล้ว
คนญี่ปุ่นใจดี ... ขอบคุณน้าค้า

จบ...
นิทานเรื่องนี้สอนให้รู้ว่า
โรคขี้ลืม ... ควรรีบรักษาให้หายจะดีที่สุด ... เหอะๆๆ
(完)

語彙:  กระเป๋ารถเมลล์ krapao rot mee 車掌   งง gong とまどう 困惑する     เดา dao 想像する 憶測する   แก kee その人 彼   รายแรก raai reek 最初の人   รอบ roop 周期   ตัง tang お金、銭   คุณลุง khun rung おじさん   งั้น gan それじゃあ   ขึ้น khun 乗る   โล่งอก loongok 胸のつかえが取れる 安心する   ดุ du しかる   นิทาน nithaan お話 物語   โรค look 病気 ~症   ขี้ลืม khii luum 忘れん坊   รักษา raksaa 治療する

訳: バスの車掌は面食らっただろう。(彼の表情から私が想像するに、金を持たずにバスに乗車したのはこの10年で私が初めてだったに違いない・・・ははは)

最後に運転手のおじさんは「それじゃあ次回バスに乗車したとき、払って下さいね。」とおっしゃった。やれやれ、ホッとした。しかられるかと思っていた。日本人はやさしいね。ありがとうございました。

おしまい。このエピソードが教えるところは、健忘症の人は急いで治療すべき、それが一番よいのだ。ははは。(完)

無事ピンチを切り抜けよかったですね。日本人がやさしいかどうかはやや疑問です。もし、無賃乗車が外国人の若い女性じゃなくて日本人中年男性だった場合はしかられていたでしょう。地方と首都圏でも、対応は違うかも。ところで、この富山のバスはまだ車掌が乗車しているんでしょうか?たぶん運転手は兼車掌ということで、同じ人を指していると思うのですが。

人気blogランキングへ ←おもしろかった人、お勉強になった人はクリック投票をお願いします

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

忘れっぽい1

僕がタイのアパートに一人暮らしをしていたころ、すぐ近くにアソークディンデーン市場があって、そこでよく朝ごはんを食べていました。ある日、料理を注文し、テーブルに座って食べていると、ポケットに財布が入っていないことに気づきました。手ぶらで来たので金は一銭もありません。一瞬にして味が無くなりました。いやあ、困ったぞ、どうしようかと思案していると、顔なじみのオートバイタクシーの運転手が来ました。恥を忍んで彼に金を忘れたから貸してくれないかと頼みました。今思えば金のない若い運転手に頼むより、店の主人にわけを話せばよかったのかもしれません。でも彼は快くすぐ貸してくれました。まだタイに渡って一年目の頃で本当に弱りましたが、感謝の体験でした。

さて今回は、日本で同じようなことをしでかしたJeabさんのお話です。

2005年12月27日「どうしたらいいですか」より、日記の導入部は省略)

ได้เวลาก็กลับบ้านตามปกติ
หิมะตก นั่งรถเมลล์กลับ พอจะจ่ายเงิน
เฮ้ย ... กระเป๋าตังไปไหนว่ะ ??
ตาย ... ไม่ได้หยิบมาจากแลปอ่ะ ซวยซิ
คิดๆๆๆ หาๆๆๆ เศษตังในกระเป๋า ก็ไม่มีซักเยน
คุณป้าข้างๆก็มอง ว่ายายคนนี้ลุกลี้ลุกลนพิลึก

สุดท้าย...ต้องลงแล้วอ่ะ
เลยบอกคนขับรถเมลล์ว่า ...
คือ ... ลืมเอากระเป๋าตังมาจากมหาลัย ทำยังไงดีค่ะ ?? 
(続く)

語彙

ตามปกติ taam pokkati いつもどおりに   หิมะ hima  雪   ตก tok 降る 落ちる  นั่ง nang 座る รถเมลล์ rot mee 路線バス   พอ~ phoo  ちょうど~するとき   กระเป๋าตัง  krapao tang  財布   หยิบ jip  つかむ もつ   ซวย  suai 運が悪い 不吉な   เศษตัง set tang 小銭   คุณป้า khun paa おばさん   ข้างๆ khaangkhaang 隣の 脇の   ยาย yaai おばあさん 女   ลุกลี้ลุกลน luklii luklom 急ぐ、あわてて走る 軽率な   พิลึก おかしい 奇妙な あやしい   สุดท้าย sutthaai 最後に   ลง long 降りる   คือ khuu  実は、つまり    ลืม luum  忘れる   มหาลัย mahaalai 大学

訳: 時間になったのでいつもどおり家へ帰った。雪が降っていた。バスに乗って帰る。お金を払う段になり、「あれ、財布はどこにいった?いやだ、ラボから持って来なかったんだ。運がわるーい。」 頭をめぐらせ、さがしまくった。かばんの中の小銭を。けど一円もなかった。隣のおばさんが、この女何をあわてているんだろうと見ていた。

ついに・・・降りなければならない。そこでバスの運転手に言った。「実は・・・大学から財布を持ってくるのを忘れたんですが、どうしたらいいでしょう??」(続く)

ピンチ!さあ、このあとどうなったのでしょう。続きは次回のお楽しみ!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

軍人

日本は徴兵制が今はありませんが、タイは兵役があります。うちの子どもはハーフで今はタイ人兼日本人ですが、タイの国籍を選ぶのなら、軍事訓練を受けなくてはなりません。そしてくじ運が悪いと兵役です。家族としては、心配ですね。

さて、今日はそんな話です。

วันนี้น้องเราไปเป็นทหารวันแรก
เป็นทหารอากาศ ต้องไปอยู่ประจวบ ปีหนึ่งแหน่ะ
แต่เดือนหนึ่ง น่าจะได้กลับบ้านครั้งหนึ่ง ประจวบกับเพชรบุรี ไม่ไกลกันเท่าไหร่ ไม่น่ามีปัญหา
แต่ไอ้ที่เป็นปัญหาคือ ... คงฝึกหนักมากๆๆๆๆๆๆ
ต้องตื่นแต่เช้า อะไรอร่อยๆก็คงไม่ได้กิน ต้องอยู่ในระเบียบวินัยตลอด
แล้วน้องเราจะรอดมั๊ยนี่...?
ถึงแม้ตอนเด็กๆ จะทะเลาะกันประจำ โตมายังชอบทำบ้านรก สกปรก เราต้องเป็นคนทำความสะอาดประจำ
แต่ก็ยังไงก็น้องเราหล่ะน้า ...

เมื่อเช้าโทรไปแต่เช้า ให้สู้ๆ ยังไงก็น่าจะไหวอยู่น้า ... เหอะๆๆ

(My life in Japan 2005年11月1日より )←オリジナルはこちらでご覧ください。

語彙: น้อง noong 弟、妹   ทหาร tahaan 軍人 兵隊   ทหารอากาศ tahaan akaat 空軍   ประจวบ pracuap プラジュアップ(地名)   เพชรบุรี phechaburi ペッチャブリ(地名)   ฝึก fuk 訓練 練習   ตื่น twwn 起きる  ระเบียบวินัย rabiapwinai 秩序 規律   รอด root 助かる 生き残る   ถึงแม้~ twngmee ~だけれども   ทะเลาะ talo けんかする    ประจำ pracam いつも、定期的に   โตมา toomaa 大きくなる   รก rok 散らかす めちゃくちゃにする   สกปรก sokkaprok 汚い   ทำความสะอาด tam khwaam saaat 掃除   ยังไงก็~ yanngai koo どうであれ、いずれにせよ~   ให้สู้ๆ 勇気づける 応援する

訳:今日私の弟は軍へ入隊しに行った。初日だ。空軍への入隊だ。1年間プラジュアップにいなくてはならないよ。でも1ヶ月に1回はきっと家に帰れるだろう。プラジュアップとペッチャブリーそんなに遠くない。問題はないだろう。でも問題点はとてもきつい訓練だ。朝早くに起きなくてはならない。おいしいものも食べられないだろう。いつも厳しい規律にしばられなければならない。それで弟は生き残れるだろうか。子供のときはいつも喧嘩していて、大きくなっても家を散らかし、汚すのが好きで、私はいつも掃除する人だったけど、しかしいずれにせよ私の弟だ。今朝早く電話して勇気づけた。どうあれ、まあやっていけるだろう。フフフ。

タイは皆、のほほんとしているようで、こんな厳しい現実があります。さて、日本はアメリカの間違った情報に基づいてイラクへの戦争に加担してしまいました。問題はアメリカ自身が戦争を開始するきかっけとなった情報(大量破壊兵器の存在)の誤りを認めているのに、それに対し日本政府は何の反省も確認も説明もなく自衛隊の海外駐在を続けていることです。日本もだんだん国外で戦争ができる体制になってきているし、あと20年先は兵役復活なんてこともありえない話ではないかもしれません。

人気blogランキングへ ←おもしろかった人、お勉強になった人はクリック投票をお願いします

| トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

風邪

みなさん、お元気ですか?海外で病気になったことはありますか。ぼくはもう数え切れないほどですが、タイは比較的病院が充実しているのではないでしょうか。またクリニックや薬屋も多く、安心です。ただ、やはりタイ語ができないと利用できるところがかなり限られてしまいます。そんなわけで、タイ在住の方や在住予定の方はタイ語の勉強を頑張っていきましょう。

さて、今日はジアップさんの風邪の話です。ちなみに彼女は薬剤師で、今は日本の大学院でお勉強中です。

โอ๊ยยยยย...
เป็นหวัด แต่เภสัชกรไม่ชอบกินยา เลยอาการหนัก เสียงไม่มีแล้วอ่ะ ไอๆๆๆๆๆ จนเจ็บท้องไปหมด

อาจารย์กะเพื่อนๆน่ารักมากๆ มาถามตลอด ว่าไหวมั๊ย สงสัยหน้าตาเราจะไม่ไหว
แต่ไม่อยากกลับบ้าน กลับบ้านไปก็อยู่คนเดียว ตอนไม่สบายไม่อยากอยู่คนเดียวอ่ะ
เลยยอมกินยา แล้วอยู่ที่แลป
ตอนนี้อาการดีขึ้นแล้ว หายปวดหัว แต่เสียงยังไม่มี แล้วก็ไอๆๆๆ เหมือนเดิม
แต่นี่กะลังจะออกไปเลี้ยงส่งพี่คนไทย
เหอะๆๆ จะรอดมั๊ยงานนี้ ?
ไม่เป็นไร ไหว ไหว ไหว ... เหอะๆๆ

(My life in Japan 2005年11月7日より )←オリジナルはこちらでご覧ください。

語彙:  เภสัชกร pheesacakoon 薬剤師   อาการ aakaan 症状  ไอ ai せき     ยอม yoom 許す 認める   กะลัง (=กำลัง)   รอด root 助かる 生き残る

訳:

いやあ、風邪をひいた。でも薬剤師は薬を飲むのが嫌い。それで症状はひどい。声は出なくなってしまうし、コンコン咳き込んでとまらないし、ついでにおなかも痛くなるし、全部だ。先生と友達はとってもいい人で、大丈夫?と常に訊いてくれる。わたしの顔色はもうだめっていう感じなのだろう。でも家に帰りたくはない。帰っても一人でいるだけ。病気のときに一人ではいたくないよ。そこで、薬を飲むことにして、ラボにいた。今は症状がよくなって、頭痛はなくなった。でも声はまだ出ない。そして相変わらずの咳。でもこれからタイ人の先輩のお別れパーティーに行くところだ。ははは、パーティーで死なずにすむのだろうか?まあ、大丈夫・・・ハハハ (6月9日に訂正あり)

 熱があって、声も出ないのに出席なんてきくと、根性で頑張って来ているようですが、実は寮に一人だと寂しくてしょうがない、というのが本当の理由だったようです。それから薬の専門家もご自身は服用が嫌いなんですね。ところで薬剤師さんは市販の薬を買って飲むのでしょうか?

人気blogランキングへ ←おもしろかった人、お勉強になった人はクリック投票をお願いします

                                           

| コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »