« 忘れっぽい1 | トップページ | おふろ »

2006年6月 9日 (金)

忘れっぽい2

さて、前回の続きです。財布を忘れたJeabさん、バスの中でどうなるのでしょうか。

กระเป๋ารถเมลล์งงซิ
( เราเดาจากหน้าแกอ่ะนะ ... คิดว่าเราคงเป็นรายแรก ในรอบสิบปี
ที่ขึ้นรถเมลล์มาแล้วไม่มีตัง ... เหอะๆๆ )

ในที่สุด...
คุณลุงคนขับรถเมลล์ก็บอกว่า ... งั้นขึ้นคราวหน้า เอามาจ่ายด้วย
เฮ้อ ... โล่งอกไป
นึกว่าจะถูกดุซะแล้ว
คนญี่ปุ่นใจดี ... ขอบคุณน้าค้า

จบ...
นิทานเรื่องนี้สอนให้รู้ว่า
โรคขี้ลืม ... ควรรีบรักษาให้หายจะดีที่สุด ... เหอะๆๆ
(完)

語彙:  กระเป๋ารถเมลล์ krapao rot mee 車掌   งง gong とまどう 困惑する     เดา dao 想像する 憶測する   แก kee その人 彼   รายแรก raai reek 最初の人   รอบ roop 周期   ตัง tang お金、銭   คุณลุง khun rung おじさん   งั้น gan それじゃあ   ขึ้น khun 乗る   โล่งอก loongok 胸のつかえが取れる 安心する   ดุ du しかる   นิทาน nithaan お話 物語   โรค look 病気 ~症   ขี้ลืม khii luum 忘れん坊   รักษา raksaa 治療する

訳: バスの車掌は面食らっただろう。(彼の表情から私が想像するに、金を持たずにバスに乗車したのはこの10年で私が初めてだったに違いない・・・ははは)

最後に運転手のおじさんは「それじゃあ次回バスに乗車したとき、払って下さいね。」とおっしゃった。やれやれ、ホッとした。しかられるかと思っていた。日本人はやさしいね。ありがとうございました。

おしまい。このエピソードが教えるところは、健忘症の人は急いで治療すべき、それが一番よいのだ。ははは。(完)

無事ピンチを切り抜けよかったですね。日本人がやさしいかどうかはやや疑問です。もし、無賃乗車が外国人の若い女性じゃなくて日本人中年男性だった場合はしかられていたでしょう。地方と首都圏でも、対応は違うかも。ところで、この富山のバスはまだ車掌が乗車しているんでしょうか?たぶん運転手は兼車掌ということで、同じ人を指していると思うのですが。

人気blogランキングへ ←おもしろかった人、お勉強になった人はクリック投票をお願いします

« 忘れっぽい1 | トップページ | おふろ »

コメント

そんな!いまどき、車掌さんが乗っているバスなんか、日本じゃなかなかないですよ。ワンマンです。
バンコクにはありますけどね。
でも、大学は、ちょっと街から離れた丘の上?にあるので、田舎チックでいいところですよ。

投稿: mt908 | 2006年6月12日 (月) 19時13分

 mt908さん、コメントありがとうございます。やはりワンマンですか。千葉ではぼくが小さい頃はまだ車掌がいました。富山は訪れたことがないので、ひょっとすると今でも車掌さんが切符を切っていたりするのかな、なんて想像したのですが。

投稿: タンタン | 2006年6月13日 (火) 18時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘れっぽい2:

« 忘れっぽい1 | トップページ | おふろ »