« 日本の挨拶3 | トップページ | 野良犬1 »

2006年9月 4日 (月)

日本の挨拶4

日本人は「行ってきます」と言われて、「行ってらっしゃい」と言うのは当たり前で、何も返事をしなかったら、それは人間関係が壊れるかもしれません。でもお店に入って「いらっしゃい」と言われて、普通の場合はお客さんは何も言わないでしょう。どんな場合にどんな挨拶をするかだけでなく、どんな場合には返事をしないか、ここまで学ぶのは外国人にはさぞ大変なことでしょう。ましてやお手本であるべき日本人がお手本になっていない現状です。さて、日本語の挨拶の話題の4回目、今日が始めての方、8月30日から読み始めてくださいね。

Jeabさんのブログ 「印象的な日本 その2」 7月26日より

เราก็บอกไม่ถูกเหมือนกันว่าทำไมถึงชอบอ่ะนะ

แต่รู้สึกว่ามันน่ารักดี หรืออาจจะเป็นเพราะภาษาไทยไม่มีสองประโยคคู่กันแบบนี้ก็ได้

นี่เรารู้สึกอะไรแปลกๆ แหวกแนว ไปป่าวหว่า ???? 5555(完)

語彙:

ก็ koo ~も    บอกไม่ถูก bookmaithuuk 正しく言えない。正確に言い表せない    เหมือนกัน muankan 同じく    ทำไม thammai どうして    รู้สึกว่า~ ruuswk waa ~と感じる     น่ารักดี naarak dii かわいい     หรือ rww あるいは もしくは   อาจจะเป็น~ aaca pen ~だろう    เพราะ~ pro ~だから     สองประโยคคู่กัน soong prayook khuu kan ふたつの対になった言葉     แบบนี้ beep nii このように     ก็ได้ koo dai かもしれない     แปลกๆ pleekpleek 変わった 珍しい     แหวกแนว weekneew 革新する いつもから逸脱する 慣習に従わない  แปลกแหวกแนว 伝統破りの風変わりな       ป่าวหว่า paaowaa だろうか ですか(俗語)

本文訳:

เราก็บอกไม่ถูกเหมือนกันว่าทำไมถึงชอบอ่ะนะ 

私も同じくどうして好きなのか、うまく言えない。

แต่รู้สึกว่ามันน่ารักดี หรืออาจจะเป็นเพราะภาษาไทยไม่มีสองประโยคคู่กันแบบนี้ก็ได้

でもそれはかわいい感じがする。あるいはタイ語にはこのような2つのペアーになった言葉がないからかもしれない。

นี่เรารู้สึกอะไรแปลกๆ แหวกแนว ไปป่าวหว่า ???? 5555

これはわたしには何か風変わりな感じがするからだろうか???ハハハハ。

確かにタイにいるときは、何か行動をおこすときに言うべき決まり文句がなくて居心地の悪さを感じました。「お先に失礼します」「お疲れ様でした」というように言うべきことが決まっていれば、かえって楽です。タイ人が何も言わずに行動に移っているところで、日本人はいちいち何か言ってから行動に入っていますよね。Jeabさんのブログのコメントを見ていると、タイ人のかたは日本人の挨拶言葉をかわいらしいと感じるという以外にも温かい感じがしていいというのもありました。

« 日本の挨拶3 | トップページ | 野良犬1 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の挨拶4:

« 日本の挨拶3 | トップページ | 野良犬1 »