« 日本の挨拶4 | トップページ | 野良犬2 »

2006年9月 5日 (火)

野良犬1

さて、今回はジアップさんが日本へ来てびっくりしたことの紹介です。さっそく読んでみましょう。

(このブログが初めての方へ:日本に来たタイ人留学生のブログを教材にタイ語を勉強しています。ただ、タイ語ができなくても訳文を読んでいただき、日本で生活するタイ人に対する理解を深めていただければと願っています)

Jeabさんのブログ 日本のショック・その5 2006年7月12日 より

ต่อเรื่องช็อคๆ ของญี่ปุ่นกัน
ก็คือ...ที่ญี่ปุ่นไม่มีหมาจรจัดหล่ะ

เราเคยมองหาตอนมาญี่ปุ่นใหม่ๆ แต่ไม่เจอ (続く)

語彙:

ต่อ too 続き    เรื่อง ruang 話    ช็อคๆ chokchok ショック    ของ khong ~の    ญี่ปุ่น jeepun 日本    ก็คือ kokww つまり    ที่~ thii ~で    หมา maa 犬    จรจัด concat ホームレスの 浮浪の หมาจรจัด 野良犬    ~หล่ะ la ~ですよ    เคย~ kwwi ~たことがある   มอง moong 見る 眺める หา haa 探す    ตอน toon ~たとき    ใหม่ๆ maimai 新しく    ไม่เจอ mai cuu 見つからない

本文訳

ต่อเรื่องช็อคๆ ของญี่ปุ่นกัน

日本のショックの続編です。

ก็คือ...ที่ญี่ปุ่นไม่มีหมาจรจัดหล่ะ

実は・・・日本には野良犬がいないのです。

เราเคยมองหาตอนมาญี่ปุ่นใหม่ๆ แต่ไม่เจอ

私は日本に来たばかりの頃探しましたが、見つかりませんでした。

 タンタン船長は以前バンコクのラマ9世通りの近くにある住宅街、その中にあるコンドミニアムに住んでいました。ときどき家の前の通りに牛やヤギがやってきて道端の雑草をはんでいました。近くにはまだ草原や貯池があって、牛やヤギを飼っている農家がいました。、そこから動物たちはやって来ていました。動物にも散歩のコースがあり、時々足を伸ばして閑静な住宅街にまで来ていました。鶏もいて、朝はコンドミニアムの6階までその鳴き声が聞こえました。また近所には野良犬もけっこうたくさんいたので、小さい子どもを連れての散歩には、よく棒を手にしながら、歩いたものでした。ときどき地方から象使いと共に象がやって来ました。タイは本当に身近にいろいろな動物がいました。いっぽう今住んでいる千葉も住宅街ですが、飼い犬と鳥以外の動物は通りでほとんど見かけません。昔は野良犬、野良猫がけっこういましたが、いつのまにか見かけなくなりましたね。

では続きはまた明日。

« 日本の挨拶4 | トップページ | 野良犬2 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野良犬1:

« 日本の挨拶4 | トップページ | 野良犬2 »