« 野良犬1 | トップページ | 野良犬3 »

2006年9月 6日 (水)

野良犬2

今日は昨日の続きです。昨日のをまだ読んでいない方はそちらを先にどうぞ。

Jeabさんのブログ 日本のショック・その5 2006年7月12日 より

ใครบอกไม่รู้ จำไม่ได้แล้ว ว่าที่นี่ไม่มีหมาจรจัด

แต่เพิ่งรู้เหตุผลจากพี่โยมั้งนะ ( ถ้าจำไม่ผิด )

ว่าเพื่อไม่ให้มีโรคพิษสุนัขบ้าเลยต้องกำจัดหมาจรจัด ( แอบโหดหว่ะ ... เหอะๆ ) (続く)

語彙:

ใคร khrai 誰    บอก book 言う    ไม่รู้ mai ruu 知らない     จำไม่ได้ cam mai daai 覚えていない   ว่า~ waa ~ということを     ที่นี่ thii nii ここ ここには     เพิ่ง~ phwng ~たばかり     เพิ่งรู้ 知ったばかり    เหตุผล hetpon 理由     จาก~ caak ~から    พี่ phii 先輩    ถ้า thaa もし    ผิด pit 間違える    จำผิด 覚え間違え      เพื่อ~  phwa ~のために     ไม่ให้~ mai hai ~させない    โรคพิษสุนัขบ้า 狂犬病   โรค 病気 พิษ 毒 สุนัข 犬 บ้า 馬鹿 狂っている    ต้อง~ tong ~なければならない    กำจัด 駆除する 撲滅する    แอบ eep こっそり~する 隠す 秘密にする    โหด 残酷な 残忍    เหอะๆ hahaha フフ(笑い声)

本文訳:

ใครบอกไม่รู้ จำไม่ได้แล้ว ว่าที่นี่ไม่มีหมาจรจัด

誰が言ったか知らない、覚えていないけど、ここには野良犬はいないということだ

แต่เพิ่งรู้เหตุผลจากพี่โยมั้งนะ ( ถ้าจำไม่ผิด )

でもヨーマン先輩から理由を聞いたばかりだ(覚え違いがなければ)

ว่าเพื่อไม่ให้มีโรคพิษสุนัขบ้าเลยต้องกำจัดหมาจรจัด ( แอบโหดหว่ะ ... เหอะๆ )

理由というのは狂犬病をなくすためだ。そこで野良犬を駆除することになったのだ。(隠れて残虐なことを・・・フフ)

 タンタン船長はタイで犬に噛まれ痛い思いをしたことがあります。飼い犬ではありましたが、狂犬病になるんじゃないかと心配しました。いやあ怖かった。

バンコクでは野良犬と飼い犬では様子が全く違います。野良犬はよく道端や歩道に前足を前に広げ、後ろ足は後ろに広げた状態(スーパーマンが空を飛ぶ格好)で寝ています。人が近づいても全然気にせず悟りを開いた境地のようです。それに対し飼い犬は人が近づくと闘争心むき出しでよく吠えます。同じバンコクに住む犬なのに、どうしてこんなに違うのでしょう。不思議です。

では続きはまた明日。

« 野良犬1 | トップページ | 野良犬3 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野良犬2:

« 野良犬1 | トップページ | 野良犬3 »