« 野良犬2 | トップページ | お弁当1 »

2006年9月 7日 (木)

野良犬3

今日は昨日の続きです。昨日のをまだ読んでいない方はそちらを先にどうぞ。

Jeabさんのブログ 日本のショック・その5 2006年7月12日より

ไม่เหมือนเมืองไทย มีทุกที่อ่ะ บนถนน ในโรงเรียน วัด ฯลฯ 

พูดแล้วก็คิดถึง"มะลิ"น้องหมาที่บ้าน ฝันถึงมาสองสามคืนติดกันแล้ว ... เหอะๆๆ  (完)

語彙:

เมืองไทย muang thai タイ    ทุกที่ thuk thii あらゆる所 いたる所     บนถนน  bon thanon 路上 บน 上 ถนน 道   ในโรงเรียน 学校内  ใน 中 โรงเรียน 学校 วัด  お寺    ฯลฯ などなど    พูด phuut 話す    คิดถึง khit twng 思い出す 懐かしむ   น้อง noong 年下の 小さい子    บ้าน baan 家    ฝัน phan 夢を見る    สองสามคืน soong saam kwwn 2晩3晩 คืน 夜 晩   ติดกัน tit kan 続けて

文法と使い方

タイ語は日本語にいくつか似ている点があります。例えば主語の省略が可能です。話が通じるなら主語のみならず目的語も省いちゃいます。今回の話も省略が多いです。下記の例を考えてみましょう。

① ไม่เหมือนเมืองไทย(タイと同じじゃない) 何がタイと同じじゃないのでしょうか?

 มีทุกที่(どこにでもある・いる) 何がどこにでもいるのでしょうか?

③ ฝัน(夢を見る) 誰が何の夢を見たのでしょうか?

本文訳:

ไม่เหมือนเมืองไทย มีทุกที่อ่ะ บนถนน ในโรงเรียน วัด ฯลฯ 

(犬が)路上、学校、お寺などなど どこにでもいるタイとは(日本は)違う

พูดแล้วก็คิดถึง"มะลิ"น้องหมาที่บ้าน ฝันถึงมาสองสามคืนติดกันแล้ว ... เหอะๆๆ

(こんなことを)話すと、うちの犬の「マリ」ちゃんを思い出す。2~3日続けて(私は)(マリちゃんの)夢を見てしまったよ。ふふふ。

 そごうデパートの犬コーナーに行ったら、愛犬の服以外にも、犬用アクセサリーも売っていました。首輪ではなくネックレスです。さらに犬用の誕生日ケーキも売っていました。ちゃんと「お誕生日おめでとう」のプレートつきです。ケーキより肉のほうが嬉しいんじゃないかとも思うのですが。気ままなタイの野良犬と誕生日ケーキを買ってもらえる日本の座敷犬、どっちが幸せなんでしょう。

« 野良犬2 | トップページ | お弁当1 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野良犬3:

» 犬用の服の選び方 [ペット情報]
犬に服なんて必要ない――。  数年前まではそういう風潮が主流でしたが、現在は、犬用の洋服は「犬服」と呼ばれて普及し、さまざまな種類のものが販売されています。 [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 12時14分

« 野良犬2 | トップページ | お弁当1 »