« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

ギンジェー2

11月も今日で終わり、今年もあと1ヶ月ですね。今年は野菜、特に白菜や大根がえらく豊作だったそうです。出来過ぎで値段が暴落、売っても赤字になるだけだからと丸々と大きく育った白菜をトラクターで踏み潰している映像をニュースで見ました。もちろん農家の方に責任はなく、そうせざるおえないわけですが、我々の社会はタブーを犯しているような、神を冒涜しているような気になります。何か潰さずにすむシステムを構築できないものでしょうか。豊作の年はギンジェー・キャンペーンを日本政府が音頭を取って行うというのはいかがでしょう・・・。

さて、前回の続きギンジェーの第2回です。

本文:

กินแต่ผัก กับข้าวอาทิตย์นี้เลยมีแต่ผัดผัก ( อย่างอื่นทำไม่เป็นนั่นเอง 555 )

กินเจก็เป็นการทำบุญอย่างหนึ่งเนอะ ไม่กินเนื้อสัตว์ แม้จะเป็นแค่ช่วงสั้นๆ

แต่คนกินก็รู้สึกดี เนอะๆ (^^ (完)

語彙:

ผัก phak  野菜    กับข้าว kapkhaao  おかず    อาทิตย์นี้ aathit nii  今週    ผัด phat  炒める    อย่างอื่น yaang wwn  他のもの 他の種類   ทำไม่เป็น tham mai pen  できない     การทำบุญอ kaan thambun  タムブンをすること   ย่างหนึ่ง yaang nwng  ひとつ 一種類  แม้ mee  でさえも であっても   แค่ だけ   ช่วงสั้นๆ 短い期間   รู้สึก 感じる   ดี いい

本文訳:

กินแต่ผัก กับข้าวอาทิตย์นี้เลยมีแต่ผัดผัก ( อย่างอื่นทำไม่เป็นนั่นเอง 555 )

野菜だけ食べる。そこで今週のおかずは野菜炒めばかりになる(他のは作れないので ハハハ)。

กินเจก็เป็นการทำบุญอย่างหนึ่งเนอะ ไม่กินเนื้อสัตว์ แม้จะเป็นแค่ช่วงสั้นๆ

ギンジェーはタンブンのひとつだ。肉を食べないし。短い期間だけど。

แต่คนกินก็รู้สึกดี เนอะๆ (^^

でもギンジェーした人は気分がいいよね。

外食ではどうしても肉が含まれてしまうので、肉を取らないためには自炊しかないようですね。吉野家でキンジェー丼が誕生する日はいつでしょう?

| トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

ギンジェー1

健康志向が強まり「食育」なんて言葉が出てきて、日本政府も食育白書なるものを出すそうですが、食って栄養学的にみて良ければいいっていうもんでもないようです。日本人は何でも食べますが、世界には肉をとらないベジタリアンがいたり、牛肉は食べないヒンドゥー教徒、豚肉は食べないイスラム教徒、彼らはラマダーンの期間、昼間は断食をします。このように食にはいろいろタブーとか制約があって興味深いわけです。ではタイには何かこのようなものがあるのでしょうか?今回はそんな話題を拾いました。

 (このブログが初めての方へ:日本で生活してるタイ人留学生のブログを教材にタイ語を勉強してます。タイ語ができないかたでも訳文を読むことで、タイ人に対する理解と異文化交流の面白さを味わっていただければと願っとります)

ジアップさんのブログ「日本で勉強しているタイの学生です」「菜食」2006年10月24日より ↑オリジナルは上をクリック

本文:

อาทิตย์นี้ที่เมืองไทยมีเทศกาลกินเจ

กินแต่ผัก ไม่กินเนื้อสัตว์

ดีเนอะ

อยู่ญี่ปุ่นก็กินเจได้เหมือนกันนะ (続く)

語彙:

อาทิตย์นี้ aathit nii  今週   เทศกาล theesakaan  祭り 催し事   กินเจ kinjee  菜食(中国スタイルの断食 齋)   กิน kin  食べる   แต่ tee  だけ   ผัก phak  野菜   เนื้อสัตว์ nua sat  肉    อยู่ yuu いる   เหมือนกัน muan kan  同じく

本文訳:

อาทิตย์นี้ที่เมืองไทยมีเทศกาลกินเจ

今週タイではキンジェー(菜食の催し事)がある。

กินแต่ผัก ไม่กินเนื้อสัตว์

野菜だけ食べ、動物の肉は食べない。

ดีเนอะ

いいね。

อยู่ญี่ปุ่นก็กินเจได้เหมือนกันนะ

日本にいるけど同じようにギンジェーができる。

タイに住んでいたことがない方はこれだけではギンジェーとは何ぞや???と、ちょっとわかりにくいかも・・・ギンジェーについて参考になるサイトを紹介します。

☆青☆のありがとうの時間

バンコクで生きる

ランナーエクスプローラー

そこまでは知りませんでした。けっこうお勉強になりました。では次回に続きます。

人気blogランキングへ ←クリック!!応援してね


最強のタイランド情報を探そう

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

冬の訪れ3

前回の続き、「冬の訪れ」最終回です。

อีกแค่สองเดือน ... เราจะได้กลับไปเจอหน้าหนาวที่เมืองไทย

และก็อีกแค่สองเดือน ... โทยามาก็จะกลายเป็น freezer หนาวๆๆๆๆๆๆๆ เหอะๆๆ (完)

語彙:

อีก iik  あと    แค่ khee  たった だけ   สองเดือน soong dwan 2ヶ月    กลับไป klap pai  戻っていく   เจอ cuu  出遭う   และก็ le koo  そして   โทยามา thoyama  富山    กลายเป็น klaai pen  ~に変わる  ~になる

本文訳:

อีกแค่สองเดือน ... เราจะได้กลับไปเจอหน้าหนาวที่เมืองไทย

あとたった2ヶ月・・・私はタイに帰ってタイの冬に出遭うだろう。

และก็อีกแค่สองเดือน ... โทยามาก็จะกลายเป็น freezer หนาวๆๆๆๆๆๆๆ เหอะๆๆ

そしてあとたった2ヶ月・・・富山は寒い寒い寒い寒い冷凍庫と化すのだフフフ

「新・チェンライ便り」 (←クリック)によると北部タイでは気温は15度ぐらいまで下がったそうです。チェンライではジャンパーが必要そうですね。今回は勤労感謝の日と収穫祭についての考察記事があります。

| トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

冬の訪れ2

「冬の訪れ」の第2回、前回の続きです。タイ語の文章は10月10日に日本で書かれた記事ということを頭に入れて、読んでください。

本文:

ตอนนี้ฤดูใบไม้ร่วง อากาศเย็นๆ แต่ก็แอบคิดถึงหน้าหนาวเมืองไทย

อากาศตอนนี้เหมือนหน้าหนาวเมืองไทยเลย ยี่สิบกว่าองศา เมืองไทยก็หนาวมากมายแล้ว (続く)

語彙:

ตอนนี้ toon nii  今   ฤดูใบไม้ร่วง ruduu baimai ruang  秋  ฤดู 季節 ใบไม้ 葉  ร่วง 落ちる   แต่ก็ tee koo  しかしながら   แอบ eep こっそり~する    คิดถึง khit twng  懐かしく思う 恋しがる   เหมือน mwann  同じ   ยี่สิบ yii sip  20   กว่า kwaa  以上   องศา ongsaa  温度   หนาว naao 寒い    มากมาย  maakmaai  とても たくさんの  

本文訳:

ตอนนี้ฤดูใบไม้ร่วง อากาศเย็นๆ แต่ก็แอบคิดถึงหน้าหนาวเมืองไทย

今秋になり、気温は涼しい。でもタイの冬をひそかに思い出す。

อากาศตอนนี้เหมือนหน้าหนาวเมืองไทยเลย ยี่สิบกว่าองศา เมืองไทยก็หนาวมากมายแล้ว

今の気温はタイの冬と全く同じだ。20度ちょっとっていうのはタイではとっても寒いのだ。

確かに気温と体感温度は違うようで、バンコクで21~22度なんていったら寒いって感じますね。冬のバンコクのようすを伝える記事がありました(←クリック)。バンコクは最低気温30度の冬?を迎えているようです。  

では次回に続きます。


最強のタイランド情報を探そう

| トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

冬の訪れ1 関西弁バージョン

今年の秋は比較的温かい日が多かったやけど、そやけどアンタ、さすが11月も後半に入ると寒くなってきましたのや。全国の天気予報には雪マークも出てきましたのや。めちゃくちゃ寒がりのタイ人の家内は天気予報を見ては、北海道の人と結婚しのうてよかった、と申しとりまんねん。

 さて、毎回引用させてもろておる、タイ人留学生のジアップはんは富山に暮らしてんさいです。わいは富山に行ったことがおまへんが、温暖な千葉に比べるとタブン...たぶんやで、わいもよー知らんがタブン、寒いんでしょうや。今回の教材は10月10日にジアップはんが書かれた日記や。

 (このブログが初めての関西の方へ:やまとで生活してんタイ人留学生のブログを教材にタイ語を勉強しとるんや。タイ語がでけへんかたでも訳文を読むことで、タイ人に対する理解と異文化交流の面白さを味わっていただければと願っとるんや)

ジアップはんのブログ「日本で勉強してんタイの学生や」「日本の秋?タイの冬」2006年10月10日より ↑オリジナルは上をクリック

本文:

อากาศเริ่มเย็นแล้ว

หน้าร้อนผ่านไปเร็วจัง จะเข้าหน้าหนาวอีกแล้ว (続く)

語彙:

อากาศ aakaat  気温   เริ่ม ruum  始める 始まる   เย็น yen 涼しい 冷たい   หน้าร้อน naa roon  夏   ผ่านไป phaan pai  過ぎ行く   เร็ว reo  早い   จัง cang  とても    เข้า khao  入る   หน้าหนาว naa naao  冬   อีก iik  また もう一度

本文訳:

อากาศเริ่มเย็นแล้ว

気温が涼しくなりだしたちうわけや。

หน้าร้อนผ่านไปเร็วจัง จะเข้าหน้าหนาวอีกแล้ว

夏はどエライはよ過ぎていく。 また冬になろうとしてん。

やまとには四季があるとええまっけど、ちょうどええ季節の春と秋がごっつう短いや。それをさしてある異国人が「やまとには四つの季節はなく、あるんは夏と冬だけだ」と言うたさいです。では次回に続きまんねん。

| トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

冬の訪れ1

今年の秋は比較的温かい日が多かったですが、さすが11月も後半に入ると寒くなってきました。全国の天気予報には雪マークも出てきました。めちゃくちゃ寒がりのタイ人の家内は天気予報を見ては、北海道の人と結婚しなくてよかった、と申しております。

 さて、毎回引用させていただいている、タイ人留学生のジアップさんは富山に暮らしているそうです。ぼくは富山に行ったことがありませんが、温暖な千葉に比べるとたぶん、寒いのでしょうね。今回の教材は10月10日にジアップさんが書かれた日記です。

 (このブログが初めての方へ:日本で生活してるタイ人留学生のブログを教材にタイ語を勉強してます。タイ語ができないかたでも訳文を読むことで、タイ人に対する理解と異文化交流の面白さを味わっていただければと願っとります)

ジアップさんのブログ「日本で勉強しているタイの学生です」「日本の秋~タイの冬」2006年10月10日より ↑オリジナルは上をクリック

本文:

อากาศเริ่มเย็นแล้ว

หน้าร้อนผ่านไปเร็วจัง จะเข้าหน้าหนาวอีกแล้ว (続く)

語彙:

อากาศ aakaat  気温   เริ่ม ruum  始める 始まる   เย็น yen 涼しい 冷たい   หน้าร้อน naa roon  夏   ผ่านไป phaan pai  過ぎ行く   เร็ว reo  早い   จัง cang  とても    เข้า khao  入る   หน้าหนาว naa naao  冬   อีก iik  また もう一度

本文訳:

อากาศเริ่มเย็นแล้ว

気温が涼しくなりだした。

หน้าร้อนผ่านไปเร็วจัง จะเข้าหน้าหนาวอีกแล้ว

夏はとても早く過ぎていく。 また冬になろうとしている。

日本には四季があるといいますが、ちょうど良い季節の春と秋があまりに短いです。それをさしてある外国人が「日本には四つの季節はなく、あるのは夏と冬だけだ」と言ったそうです。では次回に続きます。


最強のタイランド情報を探そう

| トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

漢字学習4

「漢字学習」の第4回、最終回です。初めての方は下の1回目を先にどうぞ。

本文:

วันนี้อารมณ์อยากจำคันจิกลับมา

ต้องรักษาอารมณ์นี้ให้อยู่กะเรานานๆๆๆๆๆ 555 (完)

語彙:

วันนี้ wan nii  今日   อารมณ์ aarom  気分 機嫌 情緒 感情  อยาก yaak  したい      กลับมา klap maa  戻ってくる      รักษา raksaa 保持する 維持する 保つ   ให้อยู่ hai yuu  いるように   กะ ga  ~と(俗語)   นาน naan  長く   

本文訳:

วันนี้อารมณ์อยากจำคันจิกลับมา

今日は漢字を覚えたいという気持ちが戻って来た。

ต้องรักษาอารมณ์นี้ให้อยู่กะเรานานๆๆๆๆๆ 555

この気持ちを長~く持ち続けないとね ハハハ。

ジアップさんのブログを見ると、彼女の日本語能力は素晴らしいなと思いますが、やはり苦労されているのですね。タイ人の皆さんの漢字習得の語苦労を思えば、タイ語なんて・・・・。そうは言っても、やはりタイ語の文字体系もかなりやっかいなルールです。皆さんのタイ語の学習はいかがですか?

 この夏、山田均先生がタイ文字入門書「タイ語の目」(白水社)を出版されています。この本の「まえがき」が大変素晴らしいです。これからタイ語を始めようとする人、学習中の人、あるいはタイ語の講師の方も、みなさん是非ここだけは読まれるといいかと思います。2ページの「まえがき」にタイ語文章読解のマントラ(真言)が書かれています。一部だけ抜粋して紹介すると、誤解もありそうなので、ここはぜひ本を手にして読んでみてください。By タンタン(広告記事ではありません、555)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

漢字学習3

前回の続き、「漢字学習」の第3回です。

本文:

ที่แย่ไปกว่านั้น พอทำแลปยุ่งๆ เหนื่อยๆ ก็เลยพาลเลิกจำไปตั้งแต่เมื่อไหร่ไม่รู้ (続く)

語彙:

ที่~ thii  なこと   แย่ yee  困る   กว่า~ kwaa  ~以上に ~よりも   นั้น nan  それ    พอ phoo  ちょうど   ทำแลป tham lab 実験を行う   ยุ่งๆ yung yung  忙しく    เหนื่อย nwai  疲れる   ก็เลย koo luui  それで(接続詞)   พาล phaan  八つあたりする 愚かな 粗暴な    เลิก luuk  放棄する 止める 見捨てる   ตั้งแต่~ tang tee  ~(時、期日)から   เมื่อไหร่ いつ mua rai  ไม่รู้ mai ruu  知らない わからない

本文訳:

ที่แย่ไปกว่านั้น พอทำแลปยุ่งๆ เหนื่อยๆ ก็เลยพาลเลิกจำไปตั้งแต่เมื่อไหร่ไม่รู้

それよりも困ったことは、ちょうど実験が忙しくなってきて、疲れがたまり、当り散らすように いつのまにか覚えることを止めてしまったことだ。

語学習得の壁はなかなか覚えられないということよりも、長く続けられないということのほうだ、という真実、ぼくも痛感です。このブログがタイ語の勉強をコツコツ続けるよい刺激になれば幸いです。では次回に続きます。


最強のタイランド情報を探そう

ちょっとお遊びコーナー、

「方言変換Proxyサーバ」というのを発見しました。下のボタンを押すと、日本語のところは各方言に変わります(タイ語はだめで、???になっちゃいます)。大阪弁になると自分の人格もジアップさんの人格も大きく変わった気がします。タンタン

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

漢字学習2

「漢字学習」の第2回、前回の続きです。(初めての方は前回を先にどうぞ)

เรามีการ์ดคันจิอยู่กล่องหนึ่ง มีคันจิประมาณพันตัวน่าจะได้

เมื่อก่อน น่าจะประมาณปีที่แล้วมั้ง เราตั้งกฏไว้ว่า...ต้องจำคันจิวันละ 2 ตัว

อืมมม ... จำวันนี้ได้ อาทิตย์ถัดมาก็ลืม 555 (続く)

語彙:

เรา rao  私   มี~อยู่ mii~yuu  ある 持っている   การ์ด kaad  カード   กล่อง klong  箱   หนึ่ง nwng  ひとつ    ประมาณ pramaan  だいたい 約    พัน phan  千   ตัว tua  字   น่าจะได้ naa ca daai たぶんそのぐらい(ある)    เมื่อก่อน mua koon  以前    ปีที่แล้ว pii thii leeo  去年   มั้ง  mang だろう でしょう(推量を表す)   ตั้งกฏไว้ว่า~ tang kot wai waa  ~というルールを決める กฏ kot  規則 ルール  ต้องจำ tong cam  覚えなければならない   วันละ~ wan la  1日に~   อืม wwm  うーん    วันนี้ wan nii  今日   อาทิตย์ aathit  週 ~週間   ถัด  that  次の   ลืม lwwm  忘れる

本文訳:

เรามีการ์ดคันจิอยู่กล่องหนึ่ง มีคันจิประมาณพันตัวน่าจะได้

私は漢字カードを1箱持っている。たぶん1000ぐらいの漢字はあるんじゃないかな

เมื่อก่อน น่าจะประมาณปีที่แล้วมั้ง เราตั้งกฏไว้ว่า...ต้องจำคันจิวันละ 2 ตัว

以前、確か一年ぐらい前だったと思う、私は1日に2つの漢字を覚えることにした。

อืมมม ... จำวันนี้ได้ อาทิตย์ถัดมาก็ลืม 555

うーむ、その日には覚えられるが、次の週には忘れるのだった。ハハハ

本当に頭の中に新しいことを残すのは大変です。ぼくもカードを作ってタイの単語を覚えました。2つ覚えて2つ忘れるならまだいいほうで、最近僕の場合は2つ覚えて3つ忘れる、そんな日々です。ああ頭の中の霞が濃くなっていく・・・・555。 次回に続きます。


最強のタイランド情報を探そう

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

漢字学習1

外国人にとって、日本語の習得は難しいのか、やさしいのか。実はこの質問自体が適当じゃないようです。というのも中国人、アメリカ人、韓国人、タイ人、それぞれその答えが違ってきます。日本語というのは言語構造が特有で、グループ分けしてもどこにも属さない特有のものらしいですが、それでもやはり語順が似ている言語、表記文字を共有している言語などはあるわけで、外国人とひと括りにして考えては駄目なんですね。

さて、タイ人留学生のジアップさん、日本語についてどう感じているのでしょうか。今回はそんな話題です。

 (このブログが初めての方へ:日本で生活しているタイ人留学生のブログを教材にタイ語を勉強しています。タイ語ができないかたでも訳文を読むことで、タイ人に対する理解と異文化交流の面白さを味わっていただければと願っています)

(ジアップさんのブログ「日本で勉強しているタイの学生です」の「漢字を勉強しよう」2006年11月10日より)

本文:

สิ่งที่ยากๆๆๆๆๆของภาษาญี่ปุ่นอย่างหนึ่งก็คือคันจิ

จำยาก เขียนก็ยาก เหอะๆ (続く)

語彙:

สิ่งที่~ sing thii  ~なこと   ยาก yaak  難しい   ภาษาญี่ปุ่น phaasaa jiipun  日本語   อย่างหนึ่ง yaang nwng  ひとつの 一つの種類   ก็คือ koo kww  それは(つまり)   คันจิ khanji  漢字   จำ cam  覚える   ยาก yaak  難しい 困難    เขียน khian  書く

本文訳:

สิ่งที่ยากๆๆๆๆๆของภาษาญี่ปุ่นอย่างหนึ่งก็คือคันจิ

日本語で難しいことのひとつは漢字だ。

จำยาก เขียนก็ยาก เหอะๆ

覚えにくいし、書くのも難しい、へへ。

 タイ人の日本語習得ですが、韓国人や中国人と比べると大変なようです。日本語学校では学習進度のペースがそれらの出身国で全然違ってきます。タイ語と日本語は語順は違うし、日本語の動詞や形容詞は語形変化するし、文字は仮名だけでなく、漢字があるし・・・タイ人にとっては大変です。でも漢字について言えば、日本人だって義務教育9年かけてやっと新聞が読める程度の数の漢字を身につけるわけです。タイ人の学習者にとって漢字の習得は目的と根気がないとなかなか難しいというのも理解できます。では次回に続きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

日本にあるタイの寺院4

「日本にあるタイの寺院」の第4回、前回の続きです。

ถวายสังฆทาน รับพรจากพระ กรวดน้ำ รดน้ำมนต์ ครบสูตรทำบุญเลย

มีความสุขมากมายยยยยยยยยยย

ขอบคุณคนญี่ปุ่นหน้าเหมือนคนไทยที่พาไปนะ

ขอบคุณค่ะ

語句:

ถวายสังฆทาน thwaai sangkathaan  お布施をする   รับพร rap phon  祝辞をいただく(お坊さんから健康でありますようにとか幸せでありますようになどのお言葉をもらう)   จาก~ caak  ~から      กรวดน้ำ kruat naam  容器の水をゆっくり垂らす儀式で死者を祭る    รดน้ำมนต์ rot nam mon  厄を払い福を招くために僧が聖水を葉のついた樹の枝につけて俗人の頭にふりかける。 รด rot  散水する น้ำมนต์ naammon  聖水   ครบสูตร khrop suut  全部そろった 必要なものは全部   ความสุข khwaamsuk  幸せ   มากมาย maakmaai  とっても   ขอบคุณ khoop khun  ありがとう   คนญี่ปุ่น khon jiipun 日本人   หน้า naa  顔   เหมือน muan  同じ   คนไทย khon thai タイ人   พาไป phaa pai  連れて行く

本文訳:

ถวายสังฆทาน รับพรจากพระ กรวดน้ำ รดน้ำมนต์ ครบสูตรทำบุญเลย

お布施をして お坊さんから祝辞をいただき、水を注ぐ儀式をし、聖水もかけてもらい、タムブンをパーフェクトに執り行った。

มีความสุขมากมายยยยยยยยยยย

とってもしあわせだああああ。

ขอบคุณคนญี่ปุ่นหน้าเหมือนคนไทยที่พาไปนะ

タイ人のような顔をした日本人の引率の方、ありがとう。

ขอบคุณค่ะ

ありがとうございました。

今回の記事を読んで、日本に暮らすタイ人が日本にタイ式のお寺を必要とすること、そして建てたこと、その気持ちがよくわかったような気がします。

日本人のお寺や神社へのお参りなら、線香をあげて、鐘をならし、賽銭をやって手を合わせ、御札ないしはお守りを買って帰るというところでしょう。でもお参りで、ジアップさんのように幸せを強く感じる日本人は、そんなにはいないような気がします。お参りとタムブンはちょっと違うもののようですね。


最強のタイランド情報を探そう

| トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

日本にあるタイの寺院3

「日本にあるタイの寺院」の続き、第3回目です。(前回がまだの人は先にそちらを読んでね)

本文(前回の続き):

อ้อ !! เขียนคำว่าสังฆทานไม่ได้ด้วย พระต้องบอกว่า "ดูทางนี้โยมมม" เหอะๆ (今回は1行だけで次回へ続く)

語彙:

อ้อ ああ   เขียน   書く   คำว่า~ ~という言葉    ไม่ได้ 出来ない    พระ お坊さん   ต้อง 必要とする なければならない ~に違いない   บอกว่า~ ~と言う 申す   ดู 見る   ทางนี้ こちら   โยม あなた きみ(お坊さんが使う言葉) 

本文訳:

อ้อ !! เขียนคำว่าสังฆทานไม่ได้ด้วย พระต้องบอกว่า "ดูทางนี้โยมมม" เหอะๆ

そうそう!!サンカターンっていう言葉が書けなくて、お坊さんに「あなた、こちらをご覧ください」と言われてしまった。

:「พระต้องบอกว่า 」の直訳は「お坊さんが~と言わなければならなかった」となりますが、そのまま日本語にすると変な日本語になってしまいます。この状況では、主語は私にし、「お坊さんに~と言われた」と受身形で訳したほうが自然な日本語になります。

 ちょっと、状況がわかりにくいかもしれませんが、ブログの日本語のほうを読むと、ジアップさんはお坊さんとお話ができたことを喜んでいます。お布施をするときに、たぶんสังฆทานという語句の綴りがわからなくなり、タイ人のお坊さんに訊いたところ、あそこをご覧とその言葉が書いてある紙を指し示されたというエピソードのようです。たぶんあまり使わない言葉で、綴りを度忘れをしたのでしょう。

では次回に続きます。

| トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

日本にあるタイの寺院2

「日本にあるタイの寺院」の第2回です。(前回がまだの人は先にそちらを読んでね)

本文(前回の続き)

เดินสำรวจทั่ววัดเลย เข้าโบสถ์ ไหว้พระ ขอพร

เสร็จแล้วทำบุญถวายสังฆทาน (続く)

語彙;

เดิน duun  歩く   สำรวจ samruat  調査する 検査する   ทั่ว thua  ~全体 全部      เข้า khao  入る   โบสถ์  boot  本堂  ไหว้ wai  ワイする 手を合わせ拝む   ขอ khoo  乞う   พร phon  祝辞 祝福    เสร็จแล้ว set leeo  終わる 終える   ทำบุญ thambun  お布施をする 寄進する(徳を積む行いをすること)   ถวาย thawaai  贈呈する 提出する    สังฆทาน sangkathaan お供え物  ถวายสังฆทาน お布施をする(僧団に対して) 

本文訳;

เดินสำรวจทั่ววัดเลย เข้าโบสถ์ ไหว้พระ ขอพร

お寺のあちらこちらを歩きチェックしてまわった。本堂に入り、仏像に手を合わせ、祈願した。

เสร็จแล้วทำบุญถวายสังฆทาน

終わってから喜捨(タムブン)し、お布施をおこなった。

ทำบุญ(タムブン)とถวายสังฆทาน(タワーイ・サンカターン)について、なかなかピンとこないかもしれません。Taiwife~奥様はタイ人というブログの「タイ寺でソンクラーン(←クリック)に関連記事と写真がありますので、参考にご覧ください。

| コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月 4日 (土)

日本にあるタイの寺院1

 タイといえば・・・。いろいろイメージが浮かびますが、代表的なもののひとつはやはりお寺ではないでしょうか。尖った屋根と金色のキンキラした色彩が特徴的です。生活に根ざしたもので、タイのどこへ行っても、お寺は身近にあります。そんなタイのお寺が千葉にもあるんです。さて、今回の話題はタイ人留学生ジアップさんが千葉へ旅し、タイ式寺院を訪れたところを取り上げました。

 (このブログが初めての方へ:日本で生活しているタイ人留学生のブログを教材にタイ語を勉強しています。タイ語ができないかたでも訳文を読むことで、タイ人に対する理解と異文化交流の面白さを味わっていただければと願っています)

(ジアップさんのブログ「日本で勉強しているタイの学生です」の「エキゾチックな千葉2006年9月6日より)

本文:

ต่อนะ

กินข้าวกลางวันเสร็จแล้วไปวัดไทย

"วัดปากน้ำ"   

วัดไทยจริงๆด้วยหล่ะ มีพระด้วย

ตื่นเต้นอ่ะ 555 (続く)

語彙:

ต่อ  too   続き    นะ na  です(終助詞)   กินข้าวกลางวัน kin khaao klaang wan  昼食    เสร็จแล้ว set leeo  終わる   ไป pai  行く   วัด wat  お寺   วัดปากน้ำ wat paak naam  ワットパークナーム パークナーム寺院    จริงๆ cingcing  真の 本当の   ~ด้วย~ด้วย duai duai  ~もあり、~もある   ~だし~だし   พระ phra  お坊さん   ตื่นเต้น twwn ten  わくわくする

本文訳:

ต่อนะ

続きです

กินข้าวกลางวันเสร็จแล้วไปวัดไทย

昼食が済んで、タイのお寺に行った。

"วัดปากน้ำ"    

「パークナーム寺院」

วัดไทยจริงๆด้วยหล่ะ มีพระด้วย

本物のタイ式寺院でお坊さんもいる。

ตื่นเต้นอ่ะ 555

わくわくした。

このお寺、タイ様式という形だけでなく、タイ人のお坊さんがちゃんといて、タイ語(お経はバーリー語?)で儀式を行っています。では、次回に続きます。


最強のタイランド情報を探そう

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »