« 地震1 | トップページ | 地震3 »

2007年5月24日 (木)

地震2

暑くなってきました。体がバテバテ、頭もぼーっとしています。ですが、タイはもっと暑いはずです。よくあの暑さの中で生きていたなと思うこのごろですが、人は慣れる生き物で、人間はタフです。タイを想って暑さを吹き飛ばしましょう!でもまずはエアコンのスイッチON

頭もスイッチONして学習しましょう。前回の続きです。

本文:

อาจารย์เคยบอกว่าแผ่นดินไหวให้ไปอยู่ใต้โต๊ะ

แต่โต๊ะห้องเราเล็กอ่ะ เลยจะมุดไปใต้เตียงแทน

ลังเลๆ สุดท้าย อยู่บนเตียงนั่นแหล่ะ เหอะๆ(続く)

語彙:

อาจารย์ aacaan  先生 教授   เคย~ khuui  ~たことがある   บอกว่า~ book waa  ~と言う   แผ่นดินไหว pheen din wai  地震   ให้ไป hai pai  行かせる   อยู่ yuu  いる   ใต้ tai  下      โต๊ะ  to 机   เล็ก lek  小さい   เลย luui  それで   มุดไป mut pai もぐりこむ 隠れる   เตียง tiang  ベッド   แทน theen  代わりに   ลังเล langlee  迷う   สุดท้าย sut thaai  最後に

本文訳:

อาจารย์เคยบอกว่าแผ่นดินไหวให้ไปอยู่ใต้โต๊ะ

先生に地震のときは机の下に隠れなさいと言われたことがある。

แต่โต๊ะห้องเราเล็กอ่ะ เลยจะมุดไปใต้เตียงแทน

でもわたしの部屋の机は小さい。そこで代わりにベッドの下に入ろうとした。

ลังเลๆ สุดท้าย อยู่บนเตียงนั่นแหล่ะ เหอะๆ

ちょっと迷い、結局ベッドの上にいることに、ははは

小さい頃から学校で避難訓練をしてきたぼくらは地震が起きると条件反射で机を探しますが、今の生活では身近に机がないことも多いです。地震が起きると行き場に困るのはぼくも同じです。

さて今日はここまで。次回に続きます。


« 地震1 | トップページ | 地震3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地震1 | トップページ | 地震3 »