« 新幹線4 | トップページ | コミュニケーション2 »

2007年6月12日 (火)

コミュニケーション1

新学期になって新しいことを始めようと、タイ語に挑戦したかたも多かったのではないでしょうか。2ヶ月が経ち、そろそろ息が切れてきたこの6月?そんなときはこの「タイ語の客船」で息抜きです。

管理人も書き続けるのがちょっときつくなってきたりしてますが・・・。

さて今回の題材は「コミュニケーション」です。

(このブログが初めての方へ:日本で生活してるタイ人留学生のブログを教材にタイ語を勉強してます。タイ語ができないかたでも訳文を読むことで、タイ人に対する理解と異文化交流の面白さを味わっていただければと願っています)

ジアップさんのブログ「日本で勉強しているタイの学生です」「日本人のコミュニケーション」2007年5月25日より

本文:

วันก่อนชั่วโมงเรียนภาษาญี่ปุ่น ... เรียนเรื่องการสื่อสารกับคนญี่ปุ่น

เค้าว่ากันว่า ... คนญี่ปุ่นไม่ค่อยพูดแบบ...ไงดี แบบตรงๆอ่ะ

หรือความคิดคนญี่ปุ่นเข้าใจยาก อะไรประมาณนี้(続く)

語彙:

วันก่อน wan koon  先日   ชั่วโมง chuamoong  時間   เรียน rian  学ぶ 学習する   เรื่อง rwang  話 トピック   การสื่อสาร kaanswwsaan  コミュニケーション    เค้าว่ากันว่า khao waa kan waa  言い合う   ไม่ค่อย~ mai khoi  あまり~しない   พูด phuut  言う    แบบ beep  様式 スタイル 形   ไงดี gai dii  やさしい わかりやすい   แบบตรงๆ beep trong trong  まっすぐに 率直に   หรือ rww  あるいは   ความคิด kgwaam khit  考え 思考    เข้าใจ khao cai  理解する わかる   ยาก yaak  難しい 困難   ประมาณนี้ pramaan nii  こんなよう こんな感じ

本文訳:

วันก่อนชั่วโมงเรียนภาษาญี่ปุ่น ... เรียนเรื่องการสื่อสารกับคนญี่ปุ่น

先日日本語の授業の時間に 「日本人とのコミュニケーション」について学習した

เค้าว่ากันว่า ... คนญี่ปุ่นไม่ค่อยพูดแบบ...ไงดี แบบตรงๆอ่ะ

日本人はわかりやすい言い方、はっきりした言い方はあまりしないようだ

หรือความคิดคนญี่ปุ่นเข้าใจยาก อะไรประมาณนี้

あるいは日本人の考えていることはわかりにくい、こんなようなことだった

 皆さんはどう感じますか。日本人のコミュニケーションでは言葉はより文脈に支えられて意味を成しているのではないでしょうか。言い換えると言葉それ自体では解釈が多様で、人任せです。そこで言葉をきちんと明確に言わず、解釈を相手に任せるということを日本人はしばしば行います。日本人でもその理解能力は様々で、あいつは察するのがうまいとか、あいつは場を読めなくて困るとか、いろいろ言われるわけです。

外国人も日本語を使ってうまくコミュニケーションするためには、言葉自体の習得と共にそれが使われる文脈の知識を学び身につけていく必要があるのでしょうね。もちろんこれも日本語に限ったことではありませんが・・・。

では次回に続きます。お楽しみに。

人気blogランキングへ ←クリック!!応援してね


最強のタイランド情報を探そう


« 新幹線4 | トップページ | コミュニケーション2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新幹線4 | トップページ | コミュニケーション2 »